スピッツ大学

入学試験無し!授業料無料!ただし学歴には書けません!

2015-07-27から1日間の記事一覧

25時限目:エスカルゴ

【エスカルゴ】 アルバム『三日月ロック』に収録されている曲です。個人的に、特にお気に入りの曲のうちの一曲です。スピッツがロックバンドなんだということを、確かに示していると思います。 ここのブログでも何度も触れていますが、アルバム『ハヤブサ』…

24時限目:運命の人

【運命の人】 17枚目のシングル曲で、アルバム『フェイクファー』にも収録されています。アルバムにはAlbum Versionが入っていて、シングルよりは半音下げになっています。なんでも、シングルの【運命の人】の出来に満足がいかなかったらしく、アルバムで再…

23時限目:うめぼし

【うめぼし】 アルバム『スピッツ』に収録されている曲。何よりもまず、タイトルですよ、【うめぼし】というタイトルで曲を作ろうという、そしてそれをアルバムに入れてしまおうという神経をうたg…いや、すごいと思います。 マサムネさんの弾き語りを引き立…

22時限目:海を見に行こう

【海を見に行こう】 アルバム『三日月ロック』に収録されている曲です。そのまま、弾き語りでもきっといい曲なんだろうな、って感じの、アコギの音がここちよい曲です。 * 明日 海を見に行こう眠らないで二人で行こう朝一番のバスで行こう久しぶりに海へ行…

21時限目:海ねこ

【海ねこ】 アルバム『オーロラになれなかった人のために』に収録されている曲です。…ごめんなさい、あんまり印象に残っていませんでしたので、今回改めてしっかり聴き直しました、笑。個人的に、このアルバムには、あまり明るい曲は入ってなかったイメージ…

20時限目:海とピンク

【海とピンク】 アルバム『スピッツ』に収録されている曲。個人的に、スピッツ変態ソング四天王の一角を担う曲です…あとの3曲は、またお楽しみに、ということで。 まず、曲自体に関して、最初はそんなに気になるような曲ではなかったけど、LIVE映像でこの曲…

特講:空想上の生き物なのかもしれないが

白状します。スピッツ大学などと掲げて、散々講釈を垂れている僕だが、実はスピッツのライブに一度も行ったことがないのだ。 それは単独のライブだけではなく、夏フェスなどで見かけたこともない、ということだ。他の好きなバンド、例えばBUMP OF CHICKENと…

19時限目:ウサギのバイク

【ウサギのバイク】 ■アルバム『名前をつけてやる』のトップバッターを務める曲です。イントロが終わって、さぁ曲が始まったと思いきや、出だしがまさかのスキャット。歌詞のないままAメロ、サビを、ラララ…だの、トゥトゥトゥ…などと歌って過ぎていきます。…

18時限目:ウィリー

【ウィリー】 ■アルバム『フェイクファー』に収録されている曲。軽い感じの曲の割には、イントロから、ドスの効いたベース音が引き立って聴こえます。 この曲は何と言っても、出だしから「イェーイ サルが行くサルの中を」というフレーズがすごく耳に残りま…

17時限目:インディゴ地平線

【インディゴ地平線】 アルバム「インディゴ地平線」に収録の曲。見ての通り、表題曲になっています。なんか、たまにすごく聴きたくなるような、不思議な魅力を持っている曲です。 wikipedia情報によると、まずこの曲の仮タイトルは「キリン」。マサムネさん…

16時限目:いろは

【いろは】 アルバム『ハヤブサ』に収録されている曲。前回の記事では、同じアルバムに入っている【今】という曲を紹介させてもらったが、僕としては、曲調は違っているとしても、同じ意味合いを持つ曲だと思っています。ということで、前回書いた【今】の記…

15時限目:今

【今】 アルバム「ハヤブサ」に収録されている曲です。このアルバムを手にして、初めてこの曲を聴いた時、びっくりしたことを覚えています。それは、この曲が今までのスピッツにないような、ロックな曲だったからです。 そういうわけで、最初は違和感を感じ…