スピッツ大学

入学試験無し!授業料無料!ただし学歴には書けません!

はじめましてのご挨拶(2018年更新)

現在、リアルタイムで2018年2月15日でございます。改めて、新しく挨拶をと思い、この度はキーボードを弾いている次第でございます。

 


まず、新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。ここスピッツ大学の学長のitukamitanijiでございます。皆様のご入学、教員一同(全1名)とてもよろこんでおります。

 

当大学は、至極単純、私も含めて、スピッツを愛する生徒諸君らとともに、スピッツの楽曲の素晴らしさや、その自由な解釈を語り合い、スピッツへの愛を共に育んでいく場所であります。

 

日本で唯一、スピッツに関する研究…自称”スピッツ学”を専門とする大学として、割と定着してきたように思います。現在も、一日3000人~4000人のスピッツ大学生がここを訪れ、勉強に励んでおり、教員一同(全1名)も驚かされるばかりでございます。

 


さて、新入学生諸君。

 

諸君らには、自由に研究に勤しんでいただきたいと思っておりますが、スピッツ大学においても、様々なカリキュラムを用意しております。そして、そのカリキュラムの核となる講義が、"スピッツ全曲研究セミナー"でございます。当講義は、学長兼講師であります、わたくしitukamitanijiが、直々に教鞭を振るっております、よろしくお願いいたします。

 

当講義は、その名前から察しがつくとは思いますが、スピッツの全曲を、1曲1曲余すことなく研究し、その研究結果を存分に発表・議論するという、ごくシンプルで、かつ、最も重要な講義であります。

 

ここで、このスピッツ全曲研究セミナーを含めて、このスピッツ大学に訪れた諸君らにお願いを二点させていただきたい。

 


まず、一つ目。

 

これは、当講義に限ったことではないですが、スピッツ大学で語られる解釈や感想などは、全て個人的見解に基づくものであり、この世で唯一無二の正しいものではない、ということを重々理解してください。時に大胆に、時に変態的に、その解釈を拡げていくため、諸君ら自身が、自らの想いとの相違を感じる場合があるかもしれません。それはそれで結構です、諸君らは自分の想いを大切に持ってください。

 


そして、二つ目。

 

これは、一つ目のお願いとも関係することではありますが、私自身も、先人たちの残した偉大なる、時に大胆な、時に変態的な研究結果を、大いに参考にさせていただくことがあります。昨今のインターネットの普及はすさまじく、その広いインターネット世界には、本当にたくさんの、素晴らしい研究結果を見つけることができます。諸君らも、自分を縛りつけるのではなく、先人・同士たちの残した、素晴らしい研究の成果に触れてほしい、と思っています。

 


以上、二点を踏まえて、諸君らには自由に研究に励んでほしいと、切に願っております。

 

 

 

2017年、スピッツは、結成30周年を迎えました。昨年(2017年)は、私も生まれて初めて、スピッツのライヴツアーに参加し、改めてスピッツへの愛を確認したとともに、感謝の気持ちを自分なりに伝えてきたところでございます。

 

スピッツが結成30周年を迎える、ということは、もはや日本のロック史に残る大きな出来事と言っても過言ではないでしょう。もちろん、我らスピッツファンにとっては、個々の人生においても、本当に意義深い出来事になったことは言うまでもありません。

 

しかし、先のライブにて、草野正宗さん自身がおっしゃっていました…ここはまだ通過点である、と。30周年という長い時間を過ごしてきた彼らだが、まだここは通過点…馴染みの言葉で説明するならば、まだ”旅の途中であるということ。草野さんが、力強く語っておられた姿が、今でもこの目に焼き付いております。

 

それならば、それに我々も続かなければなりません。スピッツからもらった勇気や元気は、もらっただけで腐らせてはいけません。それらは、我々がしっかりと日常の生活に持って帰り、ちゃんと使っていかなければなりません。

 

そして、私たちはまた、次の→その次の→またその次のスピッツの作品やライヴに出会える時を道標として、頑張って日々を過ごしていくのです。

 

万人にとって、ずっと楽しみに待ち続けていられるものがあるということは、本当に素晴らしいことなのです。私も、スピッツファンになって、20年以上になりますが、これからもそれは変わることはないのです。

 


そんな風に、生徒諸君のスピッツへの愛を育むお手伝いが、ここスピッツ大学でほんの少しでもできればと、願っております。よろしくお願い致します。

 

スピッツ大学を訪れてくれた皆様に、感謝を致します。

 

スピッツ大学学長 itukamitaniji

 

 

 

 

スピッツ大学的(個人的)お気に入り記事

itukamitaniji.hatenablog.com

itukamitaniji.hatenablog.com

itukamitaniji.hatenablog.com

itukamitaniji.hatenablog.com

itukamitaniji.hatenablog.com