スピッツ大学

入学試験無し!授業料無し!ただし学歴には書けません!

14時限目:稲穂

【稲穂】

シングル「さわって・変わって」にカップリングとして、アルバム「色色衣」にNEW MIXとして収録されています。

 

アコギとボーカルだけで曲が始まります。そのまま、弾き語りでもきっといい感じになると思います。全体的に、カントリー調です。今回、改めて聴いてみましたが、ベースがすごく良い味を出してますね。


歌詞の解釈は、そのまま素直に読めば、個人的には「田舎の青春」というものが浮かびます。何となく、畑のあぜ道を、高校生あたりの若者が、大騒ぎしながら走っているようなイメージです。

 

「美しく実る稲穂」「夕焼けが僕らを染めていた」など、これらは牧歌的な景色が浮かんできます。

 


ただ、いかんな、スピッツの歌は、何となく少し深読みをすると、エロく感じてしまいます。この歌も例外ではありません。【稲穂】って言葉が、何とも、いやらしく聴こえてくるのは、僕だけでしょうか。

 

「初めて本気でカワイイ蜂に刺された」とか、初体験でしょうか。「最後の花火」とかも、なんかの隠語になってるとか?妖しく聞こえます。

 

あまり、良い解釈はできそうにないです。この曲は、これくらいが限界ですかね。好きな曲ではありますけどね。ギター(アコギ)の練習になりますよ、結構リズムキープが難しいんですよね、コードは簡単ですけど。