スピッツ大学

入学試験無し!授業料無料!ただし学歴には書けません!

特講:だから言わんこっちゃない!

■まず、今回の記事で最初に書くことは、以前書いたことがある記事と重複するところもあるので、自分の記事をコピペをさせていただいた。

 

詳しくは、以前の記事↓
http://itukamitaniji.hatenablog.com/entry/2015/10/09/235346
を見ていただけれれば、全文は載ってるんで、そちらもよかったらぜひ。

 


■じゃあ、早速、本題を始めます。

 

 

1995年に、スピッツの6枚目のアルバム『ハチミツ』が発売されて、20年の月日が流れた。その、『ハチミツ』発売20周年を記念して、なんとそのアルバムを丸ごとカバーするトリビュートアルバム、その名も、『JUST LIKE HONEY ~『ハチミツ』20th Anniversary Tribute~』が発売になる。正確には、『ハチミツ』に収録されている11曲に、シングル『ロビンソン』にカップリング収録されている『俺のすべて』を加えて、全12曲の内容である。

 

そして、参加アーティストとして上がっているのが、

 

9mm Parabellum Bullet / 10-FEET
ASIAN KUNG-FU GENERATION / GOOD ON THE REEL
indigo la End / LAMP IN TERREN
NICO Touches the Walls / Scott Murphy
赤い公園 / 鬼龍院翔ゴールデンボンバー
クリープハイプ / 初恋の嵐 feat. 曽我部恵一

 

この12組である。

 


そして、

 

”HONEY Songs and Artists カップリングクイズ”と称して、『JUST LIKE HONEY ~ 『ハチミツ』20th Anniversary Tribute ~』に収録されるそれぞれの楽曲を、どのアーティストが歌うのか予想しよう!というクイズが企画されている。予想を応募して、全曲当てるか、全曲”外す”かすれば、景品がもらえるそうなので、興味があればやってみるといいよ。

 

 

と、ここまでが、すでに書いた記事からの抜粋事項である。

 


■要点を述べると、まず、アルバム『ハチミツ』のトリビュートアルバムが発売になること、そして、その収録曲をどのアーティストが歌うのか、予想してみようという企画がなされたこと、この2点になる。

 

僕も、応募こそしていないけれど、一応自分でも予想してみております(この予想も、詳しくは、冒頭のリンク記事に載せてあります)。

 


その後、スピッツのオフィシャルサイトをたまに訪れては、答えが発表になってないかな、なってたら答え合わせ記事でも書かないとな、と思っていたが、なかなか答えが発表にならなかった。

 

しかし、ついさっきのこと、スピッツのオフィシャルサイトを覗いたら、ついに企画の続報が発表されていた。お、いよいよ答え合わせ…と読み進めていくうちに、思わず笑ってしまった。続報ではあるのだが…あるのだが…これは、笑。

 

以下がその続報である。
http://sp.universal-music.co.jp/compi/hachimitsu20/

 


■上記の続報もまた、期間限定のサイトであると思われるので、その内容を簡単にまとめておく。

 


まず、前回の応募では、全問正解者が一人もいなかったので、延長復活戦を行います、というもの。つまり、もう一回応募するチャンスをあげますよ、ということだ。(前回の応募を、第一回応募期間と表示していたので、もしかしたら最初からそのつもりだったか?)

 

…だから言わんこっちゃない!だって、これもうすでに前の記事で書いたことだが、全問正解の確率は”479001600分の1”だもんよ、無理でしょーよ、笑。

 

(あ、話してなかったけど、確率の根拠は、例えば12組のアーティストを、1~12と書かれた玉に見立てて、その球を一列に並べる場合を考えた時に、その並べ方の総数を計算すると、12×11×10×9×8×7×6×5×4×3×2×1=479001600となり、その並べ方のうち、全問正解は一つと考えることができるので、全問正解の確率は”479001600分の1”になると、そういうことだから。高校数学だな。)

 


そして、さらに記事を読んでいくと、ヒント動画なるものも合わせて発表されていた。連想クイズみたいな感じで、そのアーティストを表しているのであろう、一枚の写真が、次々と表示されていく動画だった。

 

うん、これは、丁寧に動画を読むと、全問正解できる仕様になっちゃったな。謎解きみたいで、面白くはあるんだけどね。こうすると、逆に正解者は、たくさん増えるだろうね。


ということで、僕なりにそのヒントを解析してみたんだが、おそらく、正解になると思うので(自信あり)、ここには記さないこととする。しかし、僕は応募する気はないので、前回書いた答えを継続して、そのまま答えとしておく。本当の正解発表のときにでも、答え合わせをしよう。皆さんも、動画を解析して、全問正解を目指してみてください。

 

おーおー、このアーティストが、この曲をトリビュートするんだー、へぇー、そうなんだー。

 

 

と言うことで、アルバムが待ち遠しい。まぁ、買って聴いたら聴いたで、いやー、これは合わねーなー、とか悪態つきながら聴くんだろうけどね。それも含めて、楽しみだな、笑。