スピッツ大学

入学試験無し!授業料無料!ただし学歴には書けません!

78時限目:スピカ

【スピカ】

 

■19作目の両A面シングル『楓 / スピカ』に収録されています。そして、アルバムとしては、スペシャルアルバム『花鳥風月』にも収録されています。

 

スピッツファンのみならず人気の高い、スピッツ屈指の名バラード【楓】の影に隠れてしまいがちです…両A面と言っておきながら、【楓】と【スピカ】の世間一般の認知度の差は何なのでしょうか。しかし、スピッツファンの間では、【楓】よりも【スピカ】派だ!という方も多いのではないのでしょうか…何を隠そう、僕がそうです!

 

個人的ランキング、全195曲中9位。僕は、この曲が本当に本当に好きなんです、だからトップ10入りには文句なしです。ちなみに、片割れの【楓】の方は、81位でした。【楓】も大好きですよ、大好きですけど…やっぱりスピカ派です!

 


wiki情報によると、【運命の人】かこの曲か、どちらかをアルバム『フェイクファー』の先行シングルとして発売する予定だったらしいですが、アルバムのコンセプトに合わず、【スピカ】は落選…【楓】とともに、両A面で発売になったそうです。

 

記憶の片隅にあるのですが、この曲はCMで使われていましたね。かすかに覚えているんですよ、それでいい曲だなって思ったのが、確か初聴でした。どんなCMだったか思い出せないなぁ…と探していたら、動画ありました!スピッツCMタイアップ曲がいっぱいです!こんなにたくさんあったんですね。 

 

スピッツ CMタイアップ曲集(スピカは1:16あたり!)
https://youtu.be/Gzes2ht8MJs

 


■まず、タイトルが素敵ですよね。【スピカ】って、響きが好きです。僕自身、あんまりこのタイトルが好きだったので、RPGなどのゲームをするときに、キャラクターの名前に付けたりしていました。何となく、魔法使いキャラに付けていました。

 

”スピカ”というは、星の名前なんですが、たくさんある星の中から、なぜ草野さんが”スピカ”を選んだのかは、定かではありません。(理由をお知りの方が居ましたら、ぜひ教えていただきたいです!)

 

ただ、草野さんが、アルファベットで”sp”と続く表記のある英単語が好きだということで、英語で”spica”と書くこの星の名前を選んだのでしょうか。ちなみに、”スピカ”はラテン語で、穂先(とがっているものの先端)を表す言葉だそうです。何となく、バンド名の”スピッツ”の意味とも被りますね。

 


■歌の説明・解釈についてです。

 

この歌は、意味が分かりそうで分からない、何か全体像があまり捉えきれないような歌詞であると感じます。

 

この歌詞の中には、個人的にすごく好きなフレーズがたくさん出てきます。それらを紹介しつつ、この歌への思いを語ってみようかと思います。

 



この坂道もそろそろピークで バカらしい嘘も消え去りそうです
やがて来る 大好きな季節を思い描いてたら

 

僕は、『空の飛び方』『ハチミツ』『インディゴ地平線』『フェイクファー』『花鳥風月』あたりのアルバムを、中学校の頃に本当によく聴いていました。この辺りのアルバムを聴くと、いつも中学生の頃を思い出します。

 

で、高校受験の時も、家で勉強する際に、これらのアルバムをかけながら勉強をしていたんですが、【スピカ】のここのフレーズには、とても励まされていました。勉強は得意でしたが、受験勉強は決して楽しいものではなかったし、早く終わってほしいと思っていました(もちろん、うまくいった上でですが)。そういう時に、”この坂道もそろそろピークで…大好きな季節を思い描いてたら”というフレーズを聴く度に、あぁ、今は頑張りどきだって、必ず良い春を迎えることはできるって、元気をもらっていました。

 



はぐれ猿でも調子がいいなら
変わらず明日も笑えそうです

 

”はぐれ猿”という言葉が、独特で面白いですよね。”猿”とは人間を表すのでしょうか、何となくこの辺りが、同アルバムに入っている【ウィリー】という曲と被るのです(別記事を参照)。

 

別に周りと合わせる必要なんてないんだよ、それで群れからはぐれてしまっても、自分を大切にできるんだったらいいんじゃないか、みたいなね。何となく草野さんらしいフレーズだと思います。孤独ではなくて、孤高なんだと、そういうことでしょうか。

 



幸せは途切れながらも 続くのです

 

すごく良い言葉だと思いませんか?これも、上述の受験のときに、励まされていたフレーズのひとつです。ずっと調子のいい時期は続かないけど、人生っていうものは、もっと長い目で見なくちゃいけないんだなぁって感じます。今、調子が悪いのは、つらいなって思うのは、ただ途切れているだけなんだと思ってみるのも、ひとつの考え方かもしれません。

 



割れ物は手に持って 運べばいいでしょう

 

この歌の流れの中で、ここのフレーズが僕の中で光るんですよね。唐突にこのフレーズが出てきて、確かに当たり前のことを言ってるだけなんですが、いつも妙に納得しちゃうんです。大切なものは大切にすればいいじゃんって、ただそれだけのことを言ってるだけだと思うんですけどね。

 


■あとは、例えば、”今だけは逃げないで 君を見つめてよう”など、随所に、恋愛っぽい表現も出てきたりしますが、全体的にみると、やっぱり恋愛というより、幸せだったり、人生だったり、なんかそういうもっと大きなものについて歌っているような気がします。

 

そこへきて、もう一度【スピカ】の意味を考えてみると、歌詞の中にはこんなフレーズが出てきます。

 


古い星の光 僕たちを照らします
世界中 何も無かった それ以外は

 

”古い星の光”が、”スピカ”に該当しているのでしょうか。スケールの大きなことを歌うことで、小さなことはあんまり気にするなと、もっと人生を長い目で見てみようよ、という人生訓を語っているような気がします。

 


スピカ PV(ちょっと危ない配色!)

youtu.be