読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピッツ大学

入学資格無し!入学試験無し!入学金無し!

87時限目:旅人

スピッツ全曲研究セミナー

【旅人】

 

■シングル『渚』に、カップリング収録されています。また、アルバムとしては、スペシャルアルバム『花鳥風月』に収録されています。個人的ランキング、195曲中98位でした。

 

アルバム『花鳥風月』に収録されている、カップリング曲は、本当にどれもいい曲ばっかりですよね。個人的には、【スピカ】→【旅人】→【俺のすべて】→【猫になりたい】→【心の底から】というアルバムの流れは、最高だと思います。

 

つくづく、スピッツのカップリング曲に良い曲が多いことを再確認できますね。

 


■この話(後述)をどの曲の時に入れようか悩んでいたけど、ちょうどいい機会なので…というより、書くネタも無いので、ここで入れようと思います。と、言うより、多分また同じ話をどこかですると思います。まぁ、何度も同じ話をしてもいいよね、だって、その記事その記事だけしか読まない、一期一会の人もいるでしょうしね。

 


スピッツ関係の書籍、その名も「スピッツ」という本の中に、この時期(シングル『渚』を発売したあたり)のインタビューが載せてありました。珍しく、三輪さんとインタビュアー(鹿野さん)の一対一のインタビューでした。

 

まず、【旅人】が収録されているシングル『渚』が発売になったのは、1996年9月9日です。しかし、元々、シングルを七夕に発売することにこだわっていました。しかし、タイミングなどが合わずに、結局は発売を延期したという話だそうです。

 

【渚】は完成していたらしいですが、カップリングをしっかり作りたいということで、【旅人】を作っていたそうです。

 

そんな中、このインタビューにも書いてありましたが、ギターの三輪さんは、ギターが全然弾けなくなるという、正体不明のスランプに陥ったようです。ちょうど、シングル『渚』が発売になったり、アルバム『インディゴ地平線』をレコーディングしていた時期だったそうです。

 

インタビュー記事の言葉を、いくつかそのま抜き取ってみると(全て三輪さんが喋っている言葉です)、

 

「…バッターもさ、フォームを忘れてスランプってのがあるでしょう?ああいうのになっちゃってギターがうまく弾けないんだよね。で、自分でも今ほんとにどうしていいかわかんない状態」
「1か月くらい前はもうかなりブルーでねぇ…」
「もうプライドっていうか『このまま音楽やっていいのか?』っていうぐらい」
「みんな気ぃ遣ってくれる」

 

などなど。とにかく、スランプに悩んで、初心に返って、克服して、という流れが語られています。三輪さんだけではなくて、この時期のスピッツは、いろいろ大変だったんだな、って思いますね。だから、メンバーの中で、アルバム『インディゴ地平線』は、”一番思い出深いアルバム”として語られているようです。

 


あと、【旅人】という曲に関してですが、インタビューの中で、Mr.childrenの話が少し出てきています。

 

それは、この時期に同じタイミングで、カップリングに『旅人』という曲が入ったシングルを発売したという話でした(ちなみに、『マシンガンをぶっ飛ばせ』というシングルのカップリング曲です)。

 

三輪さん曰く、「挑戦状は打ってないよね(笑)」「なんか逆に嬉しくなったりするよね」だそうです。

 


■さて、【旅人】についてです。

 

まず、何と言っても印象に残るのは、サビの”旅人にぃー↑”という、突然キーが高くなる部分ですね。一回聴くと本当に耳に残りますが、急にキーが高くなるので、草野さんのようにきれいに歌うのは難しいです。

 


歌詞については、【旅人】というタイトルという割には、何処かを旅しているような内容にはなっていません。何となく、普段はやらないことをやる時に…食べたことない食べ物を頼むときなどに、「ちょっと冒険してみようかな」と言うことってありますよね。何か、そういう感じに、”旅人”という言葉は使われているのかな、と感じました。

 

そして、【旅人】というと、どこか自分が居た場所からの、決別を意味する言葉でもありますよね。この歌でも、つまりは、何かから決別をしようとしているのではないでしょうか。じゃあ、何から?というところで、具体的にそれが分かりそうな部分はと言うと、この辺りでしょうか。

 


やっぱりダメだよ 目を覚ましてもあの瞳

君を抱きしめて 鼻スリ合わせた
稲妻の季節甘いランデブー

 


ばっさり切られて なんだそーなの 俺だけが

 


ぐったり疲れた だからどうしたこのままじゃ
ひっそり死ぬまで 空を食ってくだけの道


”君”という言葉が出てきますね。それに合わせて、”やっぱり駄目だよ”とか”ばっさり切られて”など、何となくマイナスな表現が多いので、もしかしたら、”君”とは恋人関係にあったがそれを解消した、あるいは、告白したけどフラれたのではないでしょうか。

 

そして、そういうことがあっても、”俺”はなかなか君を忘れることができないと。しかし、そのままでいるわけにはいかない、ということで、君のことを忘れようとしているのが、この歌だと解釈しました。

 


旅人になるなら今なんだ
冷たい夕陽に照らされて のびる影

 

夕陽は、”君”を隠喩しているのでしょう。”伸びる影”ということで、その君に背を向けて、離れていっている描写だと思います。トボトボと歩いている様子が浮かんできます。”旅人になるなら今なんだ”とは、つまり、君を今こそ忘れるんだ、という意味合いなんだと思います。