スピッツ大学

入学試験無し!授業料無料!ただし学歴には書けません!

89時限目:たまご

【たまご】

 

■アルバム『空の飛び方』の1曲目に収録されている曲です。

 

アルバム『空の飛び方』レコーディングの際、曲が足りなくて、草野さんが「中くらいの曲」と「速い曲」を持ってきたそうです。この2曲の内、「中くらいの曲」が【たまご】だったそうです。ちなみに、「速い曲」とは【スパイダー】のことだったそうです。

 

個人的ランキング、195曲中20位でした。見事ベスト20入り、良いですよね、この曲。”たまご”っていうタイトルが潔いですよね。

 


■アルバム自体も、初のオリコンチャート入りを果たした、僕にとっても思い出深いアルバムなんですが、そんな記念すべきアルバムの、肝心な出だしを飾る【たまご】という曲…この曲は分かりやすい!イヤーンな歌ですね!

 


該当する(であろう)歌詞を抜き出していってみます。

 

”バナナ浮かぶ夜”…バナナ、とは、男性器の隠語でしょうか。

 

”ヘタなピンボール”…ピンボールが、キ〇玉のことでしょうか。

 

”憧れたピストル”…これも、男性器か。

 

”さかずきのテキーラ”…女性器でしょうか。

 

”死にかけたマシンで はじき出された”…射精を表しているのでしょうか。

 

などなど、あからさまですね。これが、初のオリコンチャート入りを果たしたアルバムの1曲目に入れる曲ですか!?と思わされるほど、マサムネワールドが満載なのです。しかもこれを、爽やかで、すごく馴染むメロディーに合わせて、高らかに歌い上げるわけですからね、とんでもない策士ですよ、草野さんは。

 


■ということで、タイトルにもなっている”たまご”の意味ですが、”たまご”という言葉が使われているのは、サビの部分です。

 


からめた小指で 誰も知らない約束
たまごの中には いつか生まれだすヒヨコ
君と僕のおかしなヒミツ

 

うーん、これもあからさますぎやしませんか、笑。

 

”たまごの中には いつか生まれだすヒヨコ”ですからね。全体的に読んで、そっち系の歌詞でなければ、別に何も思うことはなかったんでしょうけど、あきらかに、そっち系のイメージしか浮かんできませんよ。

 

おそらく”たまご”とは、受精の瞬間を、つまり、受精卵を表しているのだと思います。

 


■しかし、この曲が表しているのは、そういうエロをも通り越えて、もっと壮大なことだと思います。最後のサビに、

 


はじめて感じた 宇宙・タマシイの事実

 

というフレーズがあります。草野さんの書く詩のテーマは「死とセックス」です。”セックス”とは、”性”=”生”ということで、つまりは生命の誕生、命のはじまり、人生そのものを表していると考えることができます。

 

”セックス”というのは、全ての命の始まり、根元であるのだと。この歌で歌われていることはそんな、ずっとずっと壮大な、人間の根本的な部分、生命の神秘であるのだと思います。それは、草野さんの書く詩がたどり着いた、一つの終着点なのだと思います。