スピッツ大学

入学試験無し!授業料無料!ただし学歴には書けません!

特講:スピッツっぽい何か

基本、このスピッツ大学は、スピッツのことしか書かないつもりなんだけど、今日はその趣向を変えて…というより、禁忌を破って、スピッツ以外のことを書いてみようかと思った次第です。

 

ずばり、今日の記事は、個人的に”スピッツっぽい何か”を感じるバンドを紹介したいと思う(全6バンド)。

 

スピッツっぽいと言っても、音楽的にだとか、活動のスタイルだとか、バンドの構成だとか、色々とあると思うけど、とにかく広い意味で個人的に”スピッツっぽい何か”を感じるバンドを紹介します。必ずしも、音楽的に似ているってわけではないので、あらかじめご了承をいただきたい。

 

しかしながら、スピッツ好きの方は、きっと好きになる…かも?よかったら、聴いてみてね。

 

 

1.andymori、AL
andymoriというバンドは、ボーカル・ギターの小山田壮平という人が率いるバンドで、途中で少しメンバーを変えながらも、5年くらいかな、そんな長い時間活動した訳ではないけど、精力的に活動していたバンドだ。アルバムとしては、5枚発表した。
andymoriは、残念ながら解散してしまったけど、その後、小山田さんを中心として、ALというバンドが結成され、再び小山田さんの音楽を聴くことができるようになった。
音楽的にはスピッツには似ていないんだけど、小山田さんはよくスピッツのカバーを披露しています。youtubeなどで聴けるものだと、【空も飛べるはず】【ジュテーム?】【恋のうた】などがあるので、良ければ聴いてみて。

youtu.be


2.GOING UNDER GROUND
このバンドもね、本当に自分にとっては思い出深い。大学の時に、友達に教えてもらって、それから好きになった。確か、初めてライヴハウスで見た、プロのミュージシャンのライヴが、GOINGだったと思う。
元々、5人組のバンドだったんだけど、長く活動をしていく中で、そこからキーボードが抜け、ドラムスが抜け、現在は3人組で活動している。メンバーが抜け始めてから、何となく疎遠になってたんだけど、最近聴いてみたら、また聴いてみようかな、と思えるようになった。
特に5人組の時の楽曲において、時々スピッツっぽい何かを感じる。そういえばGOINGは、スピッツトリビュートに参加していたね。

youtu.be


3.peridots
あんまり知られていないかもしれないけど、これもすごく大好きなバンドです。何と言っても、ボーカルのタカハシコウキの声が、本当に素晴らしい。ハイトーンボイスが魅力的なボーカルで、周りの演奏にも埋もれない、しかしながら優しい声が、何となく草野さんを思い起こさせる。

youtu.be


4.the pillows
スピッツと同じく、30年近く、本当に長く長く活動を続けているバンド。音楽的なところは、スピッツとは少し違うかもしれないけど、歩んできた道が、何となくスピッツをかぶるので、精神的な部分で、スピッツとつながりを感じる。
例えば、武道館でのライブについて言えば、the pillowsは、20年目にしてようやく遂行したバンドであるが、この辺もスピッツとかぶるよね。
the pillowsは、大好きなバンドなんだけど、最近は大好きなバンド”だった”と言うようになってきた。要は、最近のthe pillowsの曲は、あまり好みではない。しかしながら、90年代~00年代のthe pillowsの音楽は本当に素晴らしくて、今でも色あせずに自分の中に残っている。自分にとって、the pillowsスピッツこそ、日本のロックを体現しているバンドだと思っている。日本のロックの魂と言い換えても良い。

youtu.be


5.ウラ二ーノ
このバンドに関しては、正直言うと、あんまり知らない、笑。現時点では、ちゃんと聴いてみたいな、と思っている段階である。
しかしながら、ふとした時にこのバンドのことを知って、その時に何曲か聴いてみた時に、すごく印象に残って、何となく”スピッツっぽい何か”を感じたので、ここで紹介させてもらう。

youtu.be