読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピッツ大学

入学資格無し!入学試験無し!入学金無し!

学長(ブログ主)紹介

はじめに

■2016年現在、もうすぐ32歳になろうかという、男です。

 

大学(リアルの方で)を卒業して、就職して、4年間…正確には3年11ヶ月間、とある会社で働いていました。「働いていました」と過去形になっていることから、次に続く言葉は察しがつきますかね。

 

…そうです、辞めちゃうわけです。27歳の時でした、27歳にして、一時的に無職になるわけです。

 

理由は、その時の仕事に未来を感じられなくなったことと、やってみたいことが(その時は漠然と)別にできたこと。年齢的なことを考えて、今が最後のチャンスかもしれないな、と考えるようになり、徐々に…って感じです。

 


やりたいことは決めていたので、その後2年間くらいは、次の仕事に就くための準備期間にあてました。学校に通ったり、独学で勉強したり、それに関するアルバイトをしてみたり、など。…もちろん、たくさん遊びました。


そうこうして、ようやく準備が整ったのが、自身が29歳になる春のことでした。そして、幸いなことに、それと同時に仕事を無事始めることができました。と言っても、まだ自分が思うところまで仕事の形を持っていけてないのが現状です。現在はまだ、非正規雇用の扱いで、とある試験にも合格しなければならないですので、日々、仕事=勉強、かつ、仕事と勉強を平行で行っている毎日を過ごしています。

 


■音楽の趣向

 

僕は、音楽が好きです。よく聴くのが、邦楽ロックというジャンルです。よく聴く…というより、今はもう、ほとんどそれしか聴きませんが、邦楽ロックというと、かなり幅があるので、少しだけ、好きなアーティストを紹介させていただきます。


スピッツBUMP OF CHICKEN
andymori ・ SUPER BEAVER
the pillowsカミナリグモ
People In The Boxcinema staff
amazarashi ・ 藍坊主
phatmans after school ・ カフカ
FoZZtone ・ your gold,my pink
ピアノゾンビ ・ VELTPUNCH
きのこ帝国 ・ GOING UNDER GROUND
ELLEGARDENTHE BLUE HEARTS
秦基博Coccosalyu


これでもごく一部です。さらに言えば、別にそこまで好きだとまではいかないアーティストでも、この曲は好きだ、というのがあったりするので、難しいところです。

 

この中で、スピッツBUMP OF CHICKENは、別格で好きなアーティストです。もしも、同じようにこの2アーティストが好きだという方がいらっしゃいましたら、気が合うと思います!

 


自分でも歌うことが好きです。上手だね、と言われることが、今まで多かったもので、素直にうれしいし、自分でもそう思うようにしています。

 

現在、バンドでボーカル(時々ギターボーカル)をやっています。(しかしながら、現在は長いこと活動が止まっている状況…)。先に書きました、仕事を辞める辞めないあたりの時期にはじめたものです。

 

メンバーが、年齢も職業もバラバラで、みんながみんな仕事の合間をぬって、所帯を持っているメンバーは家庭の合間もぬって、細々とやっているような状況です。主に、洋楽のカバー…これまでだと、GREEN DAYMr.BIG、オアシスなんかもやったことがあります。現在は、オリジナル曲制作に重きを置いて、活動をしています。

 

バンドに関しては、細く長く続けることが出来れば一番いいですけどね、やれるところまで、仕事と両立できれば、と思っています。とにかく、バンドであろうとなかろうと、歌を歌うことは、どんな形になっても…例え「カラオケにたまにいくよ」って感じにのみなっても、続けていきたいと思っています。

 


■詩を書くこと

 

詩を書くことが好きです。これは、自分の中で重要な要素です。見てもらった方が早いと思いますので、自作の詩を載せているブログのURLを貼っておきます。

 

URL:http://nameless0622.jugem.jp/

 

作詩に関しては、高校生の頃からずっと続けています。現時点でも、15年近く書き続けているということになります。自分の中で、こんなに長続きしてやり続けられていることはないと思います。きっと、これからも、続けていくことでしょう。

 


大学生の頃、本気で詩人になりたいと思った時期がありました。そして、何を思ったか、詩集を自費出版したことがあります。今となっては、それは「裏・卒業研究」だったと思っています。ちなみに、もう廃刊になっています。後悔はしていません。

 

ただ、いつの日か、もう一度ちゃんと詩集は作りたいな、とは思っています。それが何十年後になるか、定年した後なのか、もしかしたら死ぬ間際の最後のあがきになるのか、それは分かりませんが…。いつか、詩集を出したいです、頑張ります。

 


■さいごに

 

最後になりますが、アカウント名”itukamitaniji”についてです。

 

漢字で書くと、いつか見た虹、と、何か中二くさい名前かも知れませんが、至って本人はまじめにつけました。

 

ある時期、僕はあまり元気がありませんでした。なんというか、気合がイマイチ入っていないというか、そのくせ、逆に変なところに力が入り過ぎているというか…とにかく、あまりいい状態では無かった時期があったと記憶しています。

 

そんなある日のこと。変な天気でした。雨が降っているのに、日が差している…天気雨、とでもいうのでしょうか。その雨の中を、うなだれるように仕事帰り歩いていたんですが、ふと目を上げると、目の前の空に、薄く虹がかかっていました。

 

単純な考え方で、陳腐な言い方になりますが、それを見て、心が洗われて、少し元気になったんです。単純に嬉しかったんです。そして、その虹に、”未来”を感じたんです。虹、とは狙って見れるものじゃないじゃないですか。だから、見れた時は、すごく得をした気分になるんです。でも、すぐに消えてしまうもので、儚くもあります。

 


自分のブログも、そういうものであればいいな、と思って、itukamitaniji(いつか見た虹)、と名乗ることにしました。この広いネット世界に、”幻”のように存在して、来る人も去る人も拒まない、そんな存在で居たいと思っています。そして、僕のブログに、狙って訪れる方はそうたくさんは居られないと思いますが、訪れてくれたほんの一瞬だけでも、ちょっとだけ元気を与えられるような、そんな存在で居たいと思っています。

 


■長くなりましたが、ここまで読んでくれた方がいらっしゃいましたら、感謝を申し上げます。ありがとうございました。