スピッツ大学

入学資格無し!入学試験無し!入学金無し!

143時限目:ババロア

ババロア

 

■アルバム『三日月ロック』に収録されている曲です。個人的ランキング、195曲中153位でした。

 

この曲もまた、独特ですよね。テクノっぽいと言いますか、ディスコ調と言いますか。そういう意味では、スピッツっぽくない曲だと言えるかもしれません。

 

wikiの情報によると、「スピッツ初のダンスビート。全編にわたってドラムが打ち込みで作成されている。」とありましたが、同時に、「随所で崎山の生ドラムも入っている」とのことです。打ち込みで入っているドラムの音が、「ドゥ、ドゥ、ドゥ、ドゥ…」って腹に響くのが、心地よいと同時に、何となくくすぐったい感じがします。

 


■さて、またまた難解な曲にぶち当たってしまいましたが、色々と考えてみたいと思います。

 

まず、曲とのつながりはさておき、”ババロア”って何だろう、って思うんですけど、何となくお菓子の種類?という程度の解釈しか持っていなかったので、そこから調べてみました。

 

意味としては、”牛乳・砂糖・卵・ゼラチンなどを混ぜ、型に流して冷やし固めた菓子”だそうです。何ていうか、ムースとかプリンとかに近い感じの、滑らかなお菓子っていうのをイメージしています。

 

ババロア”という言葉は本来、”バヴァロワ”と書き、「バイエルンの」を意味する形容詞である、ともwikiにありました。

 

うーん、どちらにせよ、曲とのつながりは見えてこないですね、笑。

 


■タイトルはともかく、どういう曲なのか、考えてみます。

 

冒頭で述べたように、この曲はドラムが打ち込みで、規則正しく鳴っていますが、それが何となく、切迫感というか、何か焦らせるように胸に響いてくるんです。うまく言葉にはできないですけど、何か急かしているような感じがするんです。

 


驚いて欲しいだけの 見えすいた空振り
ナイーブで雑なドラマ
もっと不様なやり方で 宇宙の肌に触れる
ババロア 会いに行くから

 

サビはこんな感じですが、最後の部分に”会いに行くから”とあります。この辺りが、先ほどの急かされているイメージに繋がっているのかもしれません。つまり、”急いでいる”、”焦っている”のは、僕が君に会いに行く、という場面に当てはめることができるかもしれません。

 

全体的に歌詞を呼んだ感じでは、夜でしょうか。離れた場所に居て、ふとしたことから、君に会いたくなって、僕は急いで君の元へと向かっている、そういうイメージです。

 

”驚いてほしいだけの…”というフレーズも出てきますが、これは、急に会いに行ってびっくりさせたい、という男の気持ちの表れかもしれません。

 


そして、ここに”ババロア”という言葉が出てきていますが…よく分かりませんね。そういえば、アルバム『三日月ロック』に、【ガーベラ】という歌がありますが、その歌でも、相手に呼びかける感じで、”ガーベラ…”と歌われています。何なんでしょうね、草野さんなりの、女性に対する独特なあだ名なんでしょうか、笑。それだと、何となく柔らかい感じの女性が思い浮かびます。

 


■さて、この”会いに行く”というところを、色々と深読みしてみると、歌詞の中に、色々と考えさせられる表現があることに気がつきます。

 


もっと不様なやり方で 宇宙の肌に触れる
ババロア 会いに行くから

 


着地する日まで 暖かい嘘も捨てないでいる

 


君がいた夏の日から止まらないメロディ
まっすぐに咲いた白い花

 

まずこの辺り、”不様なやり方”、”着地”、”君がいた夏の日”などの表現を(多少無理矢理)つなげて考えてみると、死んだ君に会うために、飛び降り自殺して、あの世まで会いに行く、という解釈につなげることができませんか?

 

”着地する日まで 暖かい嘘も捨てないでいる”って表現、死のイメージがつきまとうとしても、僕ここすごく好きな歌詞なんですよね。

 


■あとは、先述しましたが、サビの歌詞、もう一度書いてみますが、

 


驚いて欲しいだけの 見えすいた空振り
ナイーブで雑なドラマ
もっと不様なやり方で 宇宙の肌に触れる
ババロア 会いに行くから

 

ここがひょっとしたら、自慰行為の描写なのかなっていう想像もしました。”見え透いた空振り”とかは、いかにもって感じがしますし、”宇宙の肌に触れる”なんかも意味深に思えてきます。

 

だから、この場合は、会いに行くといっても、夢の中だったり、妄想の中だったりっていうことになると思います。

 


■で、ババロアって、結局なんでしょうね。なんなのでしょうね、考えてみましょうね!おしまい!笑