スピッツ大学

入学試験無し!授業料無料!ただし学歴には書けません!

160時限目:ほのほ

【ほのほ】

 

■アルバム『スーベニア』に収録されている曲です。”ほのほ”とは、”ほのお”を古い平仮名表記で書いたもので、漢字では「炎」と書きます。読むときは、こういうのはどうなるんですかね…ホノホ?ホノオ?まぁ、そのまま読んで、前者ですかね。そう読むと、かわいらしいイメージに変わりますけどね。

 

wikiによると、「炎」は、もともとアルバムタイトル候補だったそうですね。アルバム『炎』ですか…申し訳ないですけど、スピッツには似合いませんね、笑。『スーベニア』で良かったです。

 

【ほのほ】は、個人的ランキング195曲中25位でした。『スーベニア』自体、アルバム単位ですごく好きな作品なんですが、特にロックな曲は本当にかっこいいのばっかりですよね…【ほのほ】【ワタリ】【ティタム・オニール】【みそか】など、どれも自分のランキングでは、結構上位に入っています。

 

【ほのほ】も、本当にかっこいい曲です。すごく、音がドラマチックなんですよね、場面が展開していく感じがたまらないんです。サビなどで鳴っている鍵盤の音にははっとさせられますし、サビで盛り上がるドラマの音とか、余韻を残すようなアウトロとかね、歌詞の内容とも相まって、どこかへ走り出したい気分になります。

 


■では、早速、曲の解釈について書いてみます。

 

まず、この歌を象徴しているフレーズは、サビのこれらの部分じゃないかと思っています。

 


今君だけのために 赤い火になる
君を暖めたい

 


でも君だけのために 北風になる
ボロボロになりたい

 

まず、前者にも後者にも、”君だけのために”という強いフレーズが出てきています。読んで字の如し、”君だけのために”何かをしてあげたい、という気持ちを表しているのだと受け取りました。

 

前者では、”赤い火になる”、”暖めたい”というフレーズが出てきますが、これは、1番のAメロに出てくる、"みぞれに打たれて"というフレーズにかかっているのだと思います。”みぞれ”という言葉からは、寒いイメージを受け取るので、ここの部分は、寒くて凍えている君を、自分自身が火となって暖めてあげたい、と歌っているのだと思います。

 

おそらく、この前者の部分が、タイトルの”ほのほ”を表しているのかな、と思います。

 


後者では、”北風になる”というフレーズが出てきますが、これは、2番のAメロに出てくる、”灼熱の道で”というフレーズにかかっているのだと思います。前者とは逆に、”灼熱”という言葉からは、暑い(熱い)イメージを受け取るので、ここの部分は、暑くて途方に暮れている君を、今度は自分自身が北風になって涼ませてあげたい、と歌っているのだと思います。

 

北風に関しては、すぐに君の元に飛んでいってあげたい、という気持ちも表わしているのかな、とも思いました。

 


■もう少し、具体的なストーリーを想像してみたいと思います。

 

例えば、”灼熱の道で”、というフレーズが出てくる部分の歌詞は、こんな風になっています。

 


灼熱の道で 空を仰いでる
どこにいるのか 知らないままさ

 

ここの”どこにいるのか 知らないままさ”という言葉からは、例えば、遠くで暮らす恋人や想いを寄せている人…まぁ、別に恋愛感情を持ち込まなくても、自分の子どもとかでもいいかもしれませんね、とにかくそういう自分の大切な人の無事を祈っている、というイメージを受け取りました。

 

自分とは離れた街で、頑張っている大切な人のことを、寒い日には「凍えていないだろうか、自分が側にいって暖めてあげたい」と、暑い日には「暑くて倒れていないだろうか、自分が風になって今すぐ飛んでいきたい」と、気にかけているような、そういうストーリーですかね。

 


■もしくは、もっとドラマチックなストーリーを想像するとしたら、行方知らずになった大切な人を本当に探している、というのもありかもしれませんね。

 

歌詞の中に、”煤けた街”とか”崩れそうな橋”とか、まぁ”灼熱の道”もそうですけど、この辺りは何かの比喩かもしれませんが、そのまま読むと、戦争とか災害でボロボロになった街みたいな景色も想像できます。そうすると、今度は、相手の生死自体もあやふやになってしまいますけどね。

 

あとは、この”君だけのために”と思っている人物自体が、死んでしまっているという想像もしたりしました。そうすると、またがらりと意味合いが変わってきて、”死んでもあの世から君をずっと見守っているよ”みたいなストーリーになっちゃいますけどね、これだと悲しすぎですかね。

 


■または、上述の解釈を全く無視するならば、”片思いの相手への、秘めた想いについて歌っている歌”とかね、こういう解釈もしっくりくるんですよね。

 

想い人を、遠くからしか見ていることしかできなくて、ずっと相手のことを考えている、と…何と孤独で、純粋で、強い想いじゃないですか。

 


などなどなど…本当に色んなストーリーを想像できますね、あなたにはどんなストーリーが見えてきますか?