スピッツ大学

入学試験無し!授業料無し!ただし学歴には書けません!

172時限目:魔法のコトバ

【魔法のコトバ】

 

■31作目のシングル曲であり、アルバムでは『さざなみCD』に収録されています。個人的ランキング、195曲中183位でした…こんなに低いんですか!?無意識につけたのでしょうがないですけど、本当はもっと上でも良いですよ。

 

タイトル、正確に覚えましょう、”魔法の言葉”でもなく、”魔法のことば”でもなく、カタカナで”魔法のコトバ”ですからね!ここ、テスト出るぞー。

 


■まず、この曲が、映画『ハチミツとクローバー』の主題歌として使われたことは、とても有名ですよね。

 

ハチミツとクローバー』は、原作は羽海野チカさんの漫画です。有名な作品なので、読んだことある人は多いのではないでしょうか…僕自身は、読んだことありませんが、もちろん名前は知っています。ちなみに、今年(2017年)実写映画化された『三月のライオン』も、この人の作品ですね。『三月のライオン』は、漫画を全巻持っていて、大好きな作品なんです。(映画は見ないですが…)

 

 

羽海野チカさんと言えば、スピッツファンであることが知られています…まぁ公言しているのかは知りませんが、スピッツファンであることはバレバレなんです、笑。

 

例えば、そもそもハチミツとクローバー』というマンガのタイトル自体が、作者が、スピッツのアルバム『ハチミツ』とスガシカオさんのアルバム『クローバー』が並べて置いてあったのを見て決めた、というエピソードがあるらしいのです。

 

そして、アニメ『ハチミツとクローバー』の挿入歌にも、スピッツの曲がたくさん使われています…これは、作者の希望だったんでしょうか、何か希望のような気もしますが。

 

 

ちなみに、『三月のライオン』とスピッツの関係はどうかというと、実写映画の後編の主題歌が、【春の歌】(ただし、藤原さくらのカバーによる)であるし、実は、漫画のChapter.32のタイトルが”夜を駆ける”になったりしていますので、こちらの作品にも、スピッツの姿が見え隠れしていると思います。

 


■というわけで、上述のおかげもあって、シングル『魔法のコトバ』は、シングル『スターゲイザー』以来(2年ぶりくらい?)の2週連続のTOP10入りを果たしたようです。

 

何となく覚えているのは、この時期、テレビなどでスピッツ姿や名前をよく見かけていたような気がします。久々に…と言えば失礼かもしれませんが、何となくこの時期、スピッツにスポットライトが当たっていたような気がします。

 


しかし、僕はと言うと…これはどっかで書いたと思いますが、この時期のスピッツをそんなに熱心に聴いていなかったんですよね。正確な時期はよく覚えていませんが、多分、アルバム『スーベニア』発売後~アルバム『さざなみCD』発売までの期間くらいだったと思います。

 

理由は、他のアーティストの音楽を聴くことに忙しかったから、ですね、笑。決して、スピッツを嫌いになったわけではないんですよ。

 


■では、【魔法のコトバ】は、どんな曲だったのでしょうか。

 

僕は、最初にこの曲を聴いた時に、何か懐かしいな、って感じたことを覚えています。何となく、【チェリー】とか【スカーレット】などと同じような、温かい雰囲気を感じ取りました。

 


歌詞の内容については、割と分かりやすいと思います。少しずつ、追ってみてます。まずは、出だしから。

 


あふれそうな気持ち 無理やり隠して
今日もまた 遠くばっかり見ていた

 

これが出だしの2行ですが、僕この2行好きなんですよね。スピッツの(草野さんの書く)歌詞って、最初からいきなり、その詩の世界へと僕たちを連れてってくれますよね。そんなに難しい言葉は使っていないのに、状況とか雰囲気とかが浮かんできますもんね。

 

ここは、もう結構分かりやすいですよね。恋をして、何にも手につかなくなって、何か頬杖でもついて、窓の外を見ている感じですかね。確か、『ハチミツとクローバー』の舞台が大学だったと思うんですけど、それならば、例えば大学の講義中とかにしましょうか。先生の話も聞かずに、窓の外を見ていて、ぼーっとしていると、そういう感じですか。

 


続いて、2番のAメロも素敵なんです。

 


倒れるように寝て 泣きながら目覚めて
人混みの 中でボソボソ歌う
君は何してる? 笑顔が見たいぞ
振りかぶって わがまま空に投げた

 

この辺りは、ひょっとしたら、恋人とは遠距離恋愛をしているのかな、という想像もできます。でもまぁ、会えない時間の感覚は人それぞれだと思いますので、短い時間…例えば、1日2日会えなくても耐えられないくらい寂しくなる人も居たりすると思いますので、何とも言えませんけどね。

 


あとは、サビですね。

 


魔法のコトバ 二人だけにはわかる
夢見るとか そんな暇もないこの頃
思い出して おかしくてうれしくて
また会えるよ 約束しなくても

 

で、これがまたスピッツ(草野さん)らしいんですけど、じゃあ、”魔法のコトバ”っていうのが何なのか、具体的に語られてはないんですよね。

 

単純に考えれば、「君が好きだよ」とか「愛しているよ」とかっていう言葉になると思うんですけど、”二人だけにはわかる”ですから、二人にしか分からない特別な言葉なのかもしれません。二人が過ごしてきて、二人で作ってきた思い出の中にある、特別な言葉…それが、二人をつないでいるということでしょうか。

 

 

あとは、”夢見るとか そんな暇もないこの頃”とか…先程は、”倒れるように寝て”という歌詞もありましたが、ここは、それくらい仕事に忙しい日々を送っている、ということなのかもしれないですね。

 

毎日、くたくたになるくらい働いて、長いこと君に会えていないことを寂しく思いつつも、二人の”魔法のコトバ”を思い出しながら、次に会える時を待ち望んでいるということですね。

 


■ということで、最後にMVを貼って終えようと思います。

 

魔法のコトバ MV

https://youtu.be/gPTFyx2R46w

 

ちなみに、このMVの面白いところは、崎山さんがギターを弾いている貴重なシーンです!(3:00辺りから)。リーダーがギターを弾く姿は、いつもベースを弾いているので、そこまで変じゃないですが、崎山さんは、何ていうか…違和感が半端ない!笑