スピッツ大学

入学資格無し!入学試験無し!入学金無し!

特講:取り急ぎ、深夜の1987→

■今現在、リアルタイムで、30周年記念のベストアルバム『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』の発売日まで、いよいよ10日を切ったところである。

 

youtu.be

 


一応、その内容を載せておくと、収録曲は、

 

『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』
1.ヒバリのこころ 2.夏の魔物 3.魔女旅に出る
4.惑星のかけら 5.日なたの窓に憧れて 6.裸のままで
7.君が思い出になる前に 8.空も飛べるはず 9.青い車
10.スパイダー 11.ロビンソン 12.涙がキラリ☆
13.チェリー 14.渚 15.スカーレット

 

『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection』
1.夢じゃない 2.運命の人 3.冷たい頬 
4.楓 5.流れ星 6.ホタル
7.メモリーズ 8.遥か 9.夢追い虫 
10.さわって・変わって 11.ハネモノ 12.水色の街
13.スターゲイザー 14.正夢 15.春の歌

 

この2枚のアルバムは、もうすでに発売になっているベストアルバムであるが、今回改めて、コンプリートボックスのアルバム3枚の内の2枚として、梱包されることになった。

 


そして、あと1枚は、これまでになかったアルバムとして、『CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection』が、新たに梱包されることになった。そのアルバムの内容は、

 

1.魔法のコトバ 2.ルキンフォー 3.群青
4.若葉 5.君は太陽 6.つぐみ
7.シロクマ 8.タイム・トラベル 9.さらさら
10.愛のことば-2014mix- 11.雪風 12.みなと
13.新曲 14.新曲 15.新曲.

 

という内容。まぁ、完全に”CYCLE HIT”の続編的な作品である。

 


■アルバム発売決定当初は、13曲目~15曲目に収録される曲が新曲であるという情報のみ伝えられたが、ここ最近で、その新曲たちの正体も発表されてきたので、ここでそれをまとめておきます。

 


13. ヘビーメロウ

 

この曲は、2017年度のめざましテレビのテーマソングとして、すでに4月頃から聴けていたが、程なくダウンロードシングルとして発売になり、そして最近になり、MVが発表になりました。

 

youtu.be

 

明るい歌ではあるんだけど、サビの始まりが、(多分)Cmaj7で始まっていたりして、そう一筋縄ではいかないような曲がこれまたクセになっちゃってるところです。

 

 

14. 歌ウサギ

 

まず、このタイトルよ!こんなタイトルつけられるのは、草野さんくらいのものだろうよ、笑。まぁ、"ウサギ"というと、これまでも、【バニーガール】とか【ウサギのバイク】などの曲があったけどさ。

 

この曲は、映画「先生!」の主題歌になるそうで、スピッツが映画の主題歌を手掛けるのは、映画「櫻の園 -さくらのその- 」において【若葉】を提供して以来、実に9年ぶりのことだそうで、何とそんなに長く時間が経っていたのかと、驚くばかりである。

 

この曲については、MVの発表やダウンロード作品などでの配信は未だなく、ニュース番組などで、映画の予告編とともに流れているのが聴ける程度でしかないけれど、新曲3曲の中では一番おとなしい曲で、一応バラードになるのかな。

 

早く、この曲もフルで聴きたいね。

 


15. 1987→

 

つい先日、ミュージックステーションにて、アルバムに収録される未発表曲の最後の1曲の情報を解禁するという情報が流れ、リアルタイムで僕も見たところだ。

 

その時に、一瞬のMVの映像とともに発表されたのが、【1987→】という曲だった。最初はよく分からなかったけど、どうやら”→”までが、この曲の正式なタイトルであるらしい。

 

そして、今日になって、早くもその【1987→】のMVも解禁になった。その情報を知った時、職場で仕事中だったので、よし、帰ってゆっくり見よう!とか思って仕事を続けていたが、何か我慢できなくなって、トイレの個室に籠って、便器の上に座って、小さい音で一回だけ【1987→】を聴いた。(なぜならば、イヤホンを持ってなかったので)

 

なので、この曲の初聴きは、”トイレの個室で”ということになるね、笑。

 

youtu.be

 

草野さん曰く、この曲は、「バンド結成当初の“ビートパンクバンド”スピッツの新曲という想定で作った1曲」であるらしい。つまり、今のスピッツが、昔のスピッツのバンドスタイルを回想して作った、原点回帰的な新曲である、ということであろう。

 

初めてトイレで聴いた時もそうだし、家に帰ってきて改めて聴いてみてもそうだけど、本当に素晴らしい曲だと思う。特に、歌詞がね、本当にスピッツが歩んできた30年をちゃんと閉じ込めているなぁって思える、ファンにとってはニヤニヤが止まらない歌詞なのではないでしょうか。至るところに、草野節が散りばめられていてさ、これは来たな!って感じたでしょう?

 

また、この曲で、初めてスピッツを知ったとしても、きっと良い曲だなって思えるんじゃないかな。本当に、メロディーがすぐになじんで、覚えやすくて、次の瞬間には口ずさんじゃってるもんね。

 


…うん、この曲に関しては、全曲研究セミナーにて、一足先に紹介しようかなって思っています。通常だったら、全曲研究セミナーは、五十音順のシステムを取っていて、新曲は後回しにしているんだけど、この30周年を機会に、この曲だけはこのタイミングで紹介しておきたいんでね。

 

アルバムが発売になった頃にでも、またこの曲は一足先に紹介する予定です、その時はまたよろしくお願いします。

 


■ということで、いよいよスピッツ30周年の祭りが始まるね。

 

アルバムがもうすぐ発売になるし、広島では明日、スピッツ30周年特番「スピッツ『CYCLE HIT』TV」が放映になるし(とても夜中なので、録画して後日見ます…)、いよいよ3050LIVEも始まるしね。

 

思う存分、楽しみましょう!