スピッツ大学

入学試験無し!授業料無料!ただし学歴には書けません!

191時限目:夕焼け

【夕焼け】


夕焼け

夕焼け

 

■シングル『群青』のカップリング曲であり、スペシャルアルバム『おるたな』にも収録されました。個人的ランキングは、195曲中99位でした。これぞ、スピッツの名カップリングと言うにふさわしい、素晴らしいバラードです。この曲のファンの方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、この曲のタイトル"夕焼け"については、当初はアルバムのタイトルの予定であったそうです。しかし、この記事の通り、【夕焼け】という曲が、シングルのカップリング曲として作られたため、アルバムタイトルとしては使わなくなりました。

 

ちなみに、"夕焼け"の代わりとしてアルバムにつけられた名前が、"さざなみCD"です。【夕焼け】は収録されていませんが、A面の【群青】の方が収録されています。"さざなみ"だけではインパクトに欠けるということで、"CD"という言葉がくっつけられたそうですが、当初の予定通りでいくと、アルバム『夕焼けCD』が生まれたかもしれないんですね。

 


■さて、早速この曲について考えていきたいと思います。

 

まず、ずばり曲のタイトルにもなっている"夕焼け"という言葉についてです。スピッツの曲をザッと見渡してみると、タイトルや歌詞の中に、"夕焼け"や"夕暮れ"などというような言葉(直接ではなくても、それに関する言葉も含めて)が多く出てくることが分かります。

 

多く使われているので、草野さんの中で、"夕焼け"や"夕暮れ"などの言葉は、何か特別な思いを込めているのではないかと察します。

 


少し書き出してみますと…

 

タイトルからそのまま使われている曲だと、"アカネ"、"大宮サンセット"、"恋は夕暮れ"、"夕陽が笑う、君も笑う"、"夕焼け"…この辺りでしょうか。

 

歌詞の中の表現だと、すごくたくさんあると思うので、全部あげるのはキリがないですが、例えば、

 

(※プチクイズ!何の曲の歌詞か分かるかな?)

 


カレーの匂いに誘われるように
夕闇を駆け出す生き物が

【ジュテーム?】より

 


駆け出した 風に逆らい
夕焼けが 僕らを染めていた

 


目覚めてすぐのコウモリが 飛びはじめる夕暮れに

 


押し寄せる人波に 流されないように
夕暮れ ホームへ駆け上がった

 


晴れて望み通り投げたボールが 向こう岸に届いた
いつも もらいあくびした後で 涙目 茜空

 

きっと、もっと細かく見ていくと、情景として夕方っぽい感じの表現もたくさんあると思います。

 


■あくまで僕の印象ですが、多くの場合、"夕暮れ"や"夕焼け"という言葉には、"恋愛"がセットでくっついているように思うのですが、どうでしょうか。

 

しかし、その曲その曲によって、受け取る意味合いや情景は変わって感じます。

 

【アカネ】からは"失恋や別れ"を、【大宮サンセット】からは"浮気などの不穏な雰囲気"を、【夕陽が笑う、君も笑う】からは"君と過ごす日々の希望"を、【ジュテーム?】からは("夕"というより"闇"に注目して)"忍んで会いに行く"…などなど、色んな情景が浮かびます。

 

何か特定のことを表している、というわけではなさそうですが、大別すると、やはり"恋愛"の様々な側面を表していることが多いのではないでしょうか。

 


■ということで、【夕焼け】という曲です。

 

まず、この歌も歌い出しの歌詞が素晴らしいんですよ、ちょっと読んでみてくださいよ!

 


言葉ではっきり言えない感じ 具体的に
好きでは表現しきれない 溢れるほど
例えば夕焼けみたいな サカリの野良猫みたいな
訳わからんて笑ってくれてもいいけど

 

もうね、もう…これだけでおなかいっぱい!笑 なんていうか、この辺りは、草野さんの書く詩自体の説明にもなっているような気がします。つまり、草野さんの詩って、具体的に"好き"とかいう言葉は使わずに、違う表現で匂わす感じが多いじゃないですか。そういうのを総括しているようにも感じます。

 

そして、その何て説明していいのか分からない、"君"への特別な想いを表す言葉として、"夕焼け"(みたいな)という言葉を使っています。

 


■もう少し具体的に読んでみると、例えば、

 


君のそばにいたい このままずっと
願うのはそれだけ むずかしいかな
終わりは決めてない 汚れてもいい
包みこまれていく 悲しい程にキレイな夕焼け

 


遠くから近づいてる 季節の影を
忘れさせてくれる 悲しい程にキレイな夕焼け

 

ここの"悲しいほどにキレイな夕焼け"という言葉が、もうグッと胸に刺さるんですよ。"キレイ"というカタカナ表現も、僕にとっては色々考えてしまいます。

 

悲しいけどキレイなんです、キレイなんだけど悲しいんです。つまり、好きだけど悲しいんですよね、悲しいんだけど好きなんですよね。

 


この辺りを読むと、この歌の2人は、一筋縄に結ばれているわけではないのかなとも思ったりします。

 

2人の関係性は、色々考えられると思います。僕が一番に考えたシチュエーションは、特別な想いでつながっているとどこかでお互い感じているんだけど、なかなか恋人関係にはなれない2人…という感じでしょうか。長く友達関係を続けてきて、いまさら恋人?あり得ないよ!みたいな感じではあるんだけど、そこにちょっと恋愛が絡んでくる…みたいなね。一番残酷ですよ…

 

…あ、失礼、解釈ではなくて、筆者の実体験ですわ、苦笑。

 


あとはまぁ、2番の歌詞を読むと、やっぱり結ばれている2人なのかな、とも思ったりしますが、どうでしょうか。