スピッツ大学

入学試験無し!授業料無料!ただし学歴には書けません!

167時限目:正夢

【正夢】

 

■29作目のシングル曲で、アルバムとしては『スーベニア』に収録されています。『スーベニア』には、(発売当初)これ一曲しかシングル曲は入ってなかったんですよね、【春の歌】は『スーベニア』発売後、シングルカットされたものですから。

 

この曲は、ドラマ『めだか』の主題歌と、富士フィルムのCMソングに選ばれました。両方とも、曲の印象は強いんですが、ドラマやCMの内容に関しては、あまり覚えていません…。

 

個人的ランキング、195曲中64位でした。いい曲ですよね。

 


■まぁ、そんなにネタがあるわけではないので、早いところ曲の紹介・解釈について書いてみます。

 


まず、タイトル”正夢”…これはまぁ言わずもがな、夢で見た景色や出来事が、現実でも起こることを言いますよね。

 

そしてこの曲では、それを恋愛に絡めて歌っています。つまりは、夢の中で君に会えたけど、それが”正夢”になるように(現実でも、夢と同じように君に会えるように)願っている、ということです。


こういうところも、やっぱり草野節ですよね。だって、実際に君に会っているという描写は出てきていないんですからね。ただ、会えますようにと願い、会ったら何を話そうかと悩んでいる、ということを歌っているんですよね。

 


■上記のことを踏まえて歌詞を読めば、独特な表現はあれど、大体それに沿っているかと思います。素直に歌詞を読んでいってみます。

 



ハネた髪のまま飛び出した
今朝の夢の残り抱いて

 

出だしの2行ですが…いやぁ、いきなりこの曲の景色が浮かんできますよね。これだけでも、色んなことを想像できますよ。

 

髪の毛がハネたまま家を飛び出すくらいですからね、遅刻寸前でしょうか。せっかく君に夢の中で会えたから、もうちょっとその余韻に浸っておこうとしたか、あるいは、二度寝してもう一回夢の中で君に会おうとしたとか。そういうことがあって、遅刻寸前の時間になってしまって、身だしなみを整えることなく、家を飛び出したと。口には、パンのひとつやふたつくわえている勢いですけどね、こう書くと、おじさんの僕には、あだち充的な展開を思い浮かべますが、笑。

 



「届くはずない」とか つぶやいても また
予想外の時を探してる

 

これも、先ほどの”正夢”の願いについてですね。夢で起こったことが、そのまま現実で起こるはずがないのに、それでも…それでも、君に偶然会える時が訪れるのを願っている、と。

 



どうか正夢 君と会えたら
何から話そう 笑ってほしい

 

サビの出だしの部分ですが、ここがこの歌を一番簡潔に表している部分だと思います。先述していますが、夢で君と会えたように、現実でも君に会いたいなと願っている、ということですね。

 

このサビに続く歌詞は、”ずっと まともじゃないって わかってる”や”もう一度 キラキラの方へ登っていく”などがあります。

 

前者は何となく、夢が本当になるように願っているなんて普通じゃないって、自覚していると考えることができます。

 


■後者はどういうことでしょうか。

 

個人的には、”キラキラ”とは、”現実”を表していると思いましたが、どうでしょうか。イメージとしては、例えば、「地下鉄の出口の登り階段」を思い浮かべてください。真っ暗な場所(地下のホーム)から、階段やエスカレーターを登って、明るい場所(地上、ホームの外)へと出ていくような景色です。

 

2番の歌詞に、何となくケンカ別れしたような描写もあります(”八つ当たりで傷つけ合って”とか、”なんか無理矢理にフタをしめた”とか)。

 

 

当たり前のように、片思い中の相手をイメージしていたんですけど、ここを読んでみると、君は片思いの相手ではなくて、例えば、ケンカ別れした恋人や、ケンカして絶縁中の恋人や想い人と考えられるかもしれません。


そうなると、夢の中でならば、ケンカしている君と話せるのに、現実ではうまく話すことができない、という状況になりますね。だけど、いつまでも夢にすがっていてもしょうがないと、もう一度現実世界で君と仲直りしたいな…と思っているのかもしれません。

 


■あと、歌詞に”愛は必ず 最後に勝つだろう”というフレーズが出てきていますが、wikiによりますと、ここはKANの【愛は勝つ】という曲からの引用だということらしいですね、今回初めて知りました。

 

若い人は、【愛は勝つ】知ってますかね?すごく有名な曲なんですよ!その歌において、上記のとおり歌詞の中にズバリ、”信じることさ 必ず最後に愛は勝つ”というフレーズが出てきます。引用とは、ここを指しているのでしょう。

 

そういうわけで、”「Special Thanks」にKANの名前がクレジットされている。”だそうです。シングルを持っていないので、確認はできませんけどね。珍しいですよね、他にもあるのかもしれませんが、こうやって、この歌手のここの歌詞を引用した、と具体的に公言しているなんてね。

 

正夢 MV(単髪な草野さんも渋い…でも、すみません、やっぱり長い方が好き)

https://youtu.be/algaC2jhu8s