スピッツ大学

ステイホームしながら通える大学です!

スピッツ大学へようこそ!

スピッツ大学へようこそ! 現在は、そんなに積極的には更新はしておりませんが、主に過去の記事を楽しんでいただければ幸いです。 今のところ、今一番新しい記事たちです↓ 集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 全30回 itukamitaniji.hatenablog.com ス…

【ネタバレ注意】『優しいスピッツ a secret session in Obihiro』ライヴレポート

※注意※ セットリストやMCの内容にガンガン触れていきますので、全編ネタバレ注意です! この放送をすでに観終わっていて、内容を振り返ったり感想を共有したい方放送は観ていないけど(観る予定があるなし関わらず)、どんな内容だったかをを知りたい方 など…

事後講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~(まとめ&今年の振り返り)

■おはこんばんちは、スピッツ大学学長itukamitanijiでございます。 ということで、12月1日から12月30日まで続けて行いました集中講義全30回、全て終了しました。ひとまず、書き切ることができて、ほっとしております。最後の方の記事は、結構追われていまし…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第30回

ヒーローを引き立てる役さ きっとザコキャラのまんまだろう無慈悲な鏡叩き割って そこに見つけた道 ■この集中講義も最後となりました。最後は【1987→】の歌詞を紹介します。 この集中講義は、スピッツのメジャーデビュー30周年を記念して企画したものなので…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第29回

君の大好きな物なら 僕も多分明日には好きそんなこと言う自分に 笑えてくる取り戻したリズムで 新しいキャラたちと踊ろう続いてく 色を変えながら ■現時点では、スピッツの最新曲である【大好物】の歌詞です。やっぱり、一番新しいスピッツの歌詞も紹介した…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第28回

きらめいた街の 境目にある廃墟の中から外を眺めてた神様じゃなく たまたまじゃなくはばたくことを許されたら ■シングル『さらさら/僕はきっと旅に出る』やアルバム『小さな生き物』に収録されています、【僕はきっと旅に出る】の歌詞です。 この集中講義で…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第27回

果てしなく どこまでも続く くねくねと続く細い道の途中で立ち止まり君は 幾度もうなづき 空を見た飛べ ローランダー飛べ ローランダー棕櫚の惑星へ 棕櫚の惑星へ たどり着くまで ■アルバム『惑星のかけら』に収録されています、【ローランダー、空へ】とい…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第26回

晴れた空だ日曜日 戦車は唾液に溶けて骨の足で駆けおりて 幻の森へ行くきのうの夢で 手に入れた魔法で蜂になろうよこのまま淡い記憶の花を探しながら ■アルバム『名前をつけてやる』に収録されている【日曜日】という曲の歌詞です。 この曲の曲調だったり、…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第25回

変わっていく空の色と 消えていく大好きなにおいだけどこんな日にはせめて 僕のまわりで生き返ってプカプカプー プカプカプー プカプカプー ラララララプカプカプー プカプカプー プカプカプー ■インディーズ時代のとても古い楽曲である、【晴れの日はプカ…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第24回

分かち合う物は 何も無いけど恋のよろこびにあふれてる ■アルバム『フェイクファー』に収録されている、表題曲【フェイクファー】の歌詞です。 ここスピッツ大学でも何度も話してますが、僕がスピッツに出会ったのが、もうかれこれ25年くらい前、当時僕は小…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第23回

ずっと遠くまで 道が続いてる終わりと思ってた壁も 新しい扉だった ■アルバム『さざなみCD』に収録されている、【砂漠の花】の歌詞です。『さざなみCD』は、【ネズミの進化】→【漣】→【砂漠の花】という、最後の3曲の締め括りが個人的にすごく好きなんです…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第22回

負けないよ 僕は生き物で 守りたい生き物を抱きしめて ぬくもりを分けた 小さな星のすみっこ ■アルバム『小さな生き物』に収録されている、表題曲の【小さな生き物】の歌詞です。 アルバム『小さな生き物』が発売になったのは2013年のことでした。2011年に…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第21回

君のおっぱいは世界一君のおっぱいは世界一もうこれ以上の生きることの喜びなんかいらない ■スペシャルアルバム『花鳥風月』や『花鳥風月+』に収録されています、【おっぱい】という曲の歌詞です。もともと、インディーズ時代のとても古い曲です。 第10回で…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第20回

だから追いかける 君に届くまでビギナーのまま 動き続けるよ冷たい風を吸い込んで今日も ■両A面シングルとして発売になった、【ビギナー】という曲の歌詞です。【ビギナー】は、この曲単独でも、デジタルシングルとして発売されました。スピッツの楽曲とし…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第19回

こぼれて落ちた 小さな命もう一度匂いがかすかに 今も残ってるこの胸にも翼は無いけど 海山超えて君に会うのよ ■アルバム『さざなみCD』に収録されている、表題曲である【漣】の歌詞です。 自分の中で、あんまりスピッツを聴いてなかった時期ってのがあって…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第18回

お前の最後を見てやる柔らかな毛布にくるまってゆっくり浮かんだら 涙の星になった どうせパチンとひび割れてみんな夢のように消え去ってずっと深い闇が広がっていくんだよ ■記念すべきデビューシングル『ヒバリのこころ』のカップリング曲であり、デビュー…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第17回

君は小さくて 悲しいほど無防備で無知でのんきで 優しいけど嘘つきでもうすぐだね 3月の君のバースデイにはハンティングナイフのごついやつをあげる 待ってて ■スピッツのミニアルバム『オーロラになれなかった人のために』に収録されています、【ナイフ】…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第16回

生きるということは 木々も水も火も同じことだと気付いたよ愛で汚された ちゃちな飾りほど美しく見える光 ■スピッツの楽曲の中でも、知名度の高いと思われる、シングル曲【青い車】の歌詞です。 スピッツの楽曲には、正しい正しくないは別にして、ひとつの…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第15回

会いに行くよ 赤い花咲く真夏の道を 振り向かずそしていつか 同じ丘で遠い世界を知る 感じてみたい君のとなりで ■アルバム『スーベニア』に収録されている【会いに行くよ】という曲の歌詞です。 アルバム『スーベニア』には、割とロックな曲が多い中、最後か…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第14回

終わることなど無いのだと 強く思い込んでれば誰かのせいにしなくても どうにかやっていけますやり直しても良いのです 今度は一人ぼっちでも記号化されたこの部屋から ついに旅立っていくんです ■アルバム『フェイクファー』に収録されている、【謝々!】と…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第13回

蝶々になる 君のいたずらでただ朱く かたちなき夢を染めていくような夕暮れ ■アルバム『空の飛び方』に収録されている【恋は夕暮れ】という曲の歌詞です。 この歌の歌詞には、草野さんの”恋”というものに対する考え方や、恋とはこういうものだ!という格言の…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第12回

ささやいて ときめいて街を渡る 羽のような思い通りの生き物に変わる ■26作目のシングル曲【ハネモノ】の歌詞です。ちなみに、26枚目のシングル『ハネモノ』と、27枚目のシングル『水色の街』は、同じ日にリリースされました。 【ハネモノ】という曲自体は、…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第11回

君の心の中に棲むムカデにかみつかれた日ひからびかけていた僕の 明日が見えた気がした誰かを憎んでたことも 何かに怯えたことも全部かすんじゃうくらいの 静かな夜に浮かんでいたい ■20作目のシングル曲の【流れ星】の歌詞です。 何か毎回言っている気がし…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第10回

おかしいよと言われてもいい ただ君のヌードをちゃんと見るまでは僕は死ねない ■アルバム『空の飛び方』に収録されている【ラズベリー】という曲の歌詞です。もう、歌詞を紹介したところで、出オチのような気がしますが笑 僕が【ラズベリー】を初めて聴いて…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第9回

いいよね? 小さなネズミになる奴らにも届かない場所があるすぐに狭い抜け穴 逃げ込めるような小さなネズミになる ■アルバム『さざなみCD』に収録されている、【ネズミの進化】の歌詞です。タイトルから、まず珍しいですね。 個人的には、この歌は、何となく…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第8回

「ありがとう」って言うから 心が砕けて新しい言葉探してる見えなくなるまで 手を振り続けてまた会うための生き物に ■アルバム『醒めない』に収録されている、【コメット】という曲の歌詞を紹介します。綺麗な歌詞なんですけど、どこか切ないですね。 アルバ…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第7回

「きっとまだ終わらないよ」と 魚になれない魚とか幾つもの作り話で 心の一部をうるおしてこの海は 僕らの海さ隠された 世界とつなぐ ■言わずもがな、スピッツには名曲が多いんですけど…こういう表現はあまり好きじゃないのであまり使わないけど、"隠れた名…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第6回

幼いだけの密かな 掟の上で君と見た夏の魔物に会いたかった僕の呪文も効かなかった夏の魔物に会いたかった ■2作目のシングル曲【夏の魔物】の歌詞を紹介します。 まるで、白昼夢でも見ているような、夢と現実の間をさまよっているような、そんな不思議な雰囲…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第5回

この坂道も そろそろピークで バカらしい嘘も消え去りそうですやがて来る 大好きな季節を思い描いてたら ■【スピカ】という曲の、1番のAメロの始まりの歌詞です。 【スピカ】は、ここスピッツ大学で行った企画として、僕も含めて、ブログを読んでくださって…

集中講義:草野正宗 ~詩の世界への招待~ 第4回

バスの揺れ方で人生の意味が 解かった日曜日でもさ 君は運命の人だから 強く手を握るよここにいるのは 優しいだけじゃなく 偉大な獣 ■スピッツの楽曲の中でも、シングルご三家(個人的に、【ロビンソン】【空も飛べるはず】【チェリー】の三曲)に並ぶほど、知…