読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピッツ大学

入学資格無し!入学試験無し!入学金無し!

128時限目:ハートが帰らない

スピッツ全曲研究セミナー

【ハートが帰らない】

 

■アルバム『ハヤブサ』に収録されている曲です。個人的ランキング、195曲中150位でした。

 

アルバム『ハヤブサ』には、ロックな曲が多いですが、その中でも当曲は割と優しい曲ではあります。サビで壮大に盛り上がるのも、聴きどころだと思います。

 

アルバムでは、8曲目にインストゥルメンタルの【宇宙虫】、そして9曲目に【ハートが帰らない】と続きますが、【宇宙虫】→【ハートが帰らない】は、トラックでは分かれていますが、曲としては”ひとつながり”になっています。【宇宙虫】がフェードアウトしていくタイミングで、【ハートが帰らない】がそのまま始まる、というイメージです。

 


■この曲で珍しいのは、女性のコーラスが入っているところです…いや、どうだろうね、女性コーラスが入っているのは珍しくないかな…【群青】の上村花菜さんとか、最近出たアルバム『醒めない』の【子グマ!子グマ!】に、Czecho No Republicのタカハシマイさんという女性が参加してたり…結構あるんですかね、女性コーラス。

 

まぁ、スピッツの女性コーラスと言えば、やっぱり何と言っても、クージーですけどね。

 


ただ、【ハートが帰らない】の女性コーラスは、全編通して歌っている印象なので、目立って聴こえます。この曲のコーラスは、五島良子さんという方で、個人で作曲家・ボーカルなどで活動している方だそうです。

 

wikiの情報をそのまま載せると、”最初、草野と五島は別々に歌をレコーディングしたが、五島が「わかりにくい」と言ったため二人同時にレコーディングし直した。”だそうです。

 


■では、曲の解釈などを語ってみます。と言っても、細かい解釈は色々とできそうですが、全体的に結構分かりやすい感じだと個人的には思うのですが、どうでしょうか。

 


この曲には、”俺”と”君”が出てきますが、俺の方が君に片思いをしていると思われます。例えば、出だしがこんな感じです。

 


君の微笑み 取り戻せたらもう何もいらないと
都合良すぎる 筋書き浮かべながら また眠るよ
いきがるだけで 中途半端な俺をチクチクした
両手広げて アドリブで歌い出しそうな 春だった

 

単純な片思いの形かもしれませんし、出だしが”君の微笑み 取り戻せたらもう何もいらないと”で始まるので、もしかしたら、恋人関係を解消して、それでもまだ思いを断ち切れず、未練がましく相手のことを想っている状況なのかもしれません。

 

いずれにせよ、相手のことを想っている状況を、相手に心を奪われている、ということで、タイトルにもなっていますし、歌詞にもたくさん出てきますが、”ハートが帰らない”という言葉で表現しているのだと思います。

 


■ただ、何か具体的な行動には移せていないようです。”都合良すぎる 筋書き浮かべながら また眠るよ”という風に、眠っちゃうのかよ!って感じですけどねね、笑。

 


優しい人よ
霧が晴れたら二人でジュースでも

 

ここの誘い方…まぁ、実際には、誘うという行動には移せていないのでしょうけど…何ともかわいらしいですよね。お茶行こうぜ、とか、飲みに行こうよ、とかじゃないわけですからね…あ、年齢的にアルコールがだめなのかもしれないけど…ジュース飲もうよ!ですからね、ジュースかよ!ってね、笑。